髭をレーザー脱毛すると埋没毛が無くなりません

髭のレーザー脱毛と埋没毛

髭をレーザー脱毛すると埋没毛は無くなりません。という声があります。髭剃りは毎日定期的に行う人でも髭の埋没毛だけはきれいに剃ることができません。
埋没毛は毛が皮膚の中に入った状態のことで、表面には出てきませんが、皮膚の中で毛が伸びた状態になります。自分で埋没毛を処理する場合は、毛抜きやピンセットで皮膚の薄い皮を剥いで埋没毛を1本ずつ取り出さなくてはいけません。

 

埋没毛はレーザー脱毛でとれないという方がいましたが、その様なことはありません。髭をレーザー脱毛することで埋没毛はきれいに取り除くことができます。

 

 

レーザー脱毛は医療クリニックで行うのですが、クリニックには髭の埋没毛で悩む男性も数多く来店しています。
レーザー脱毛の方法は、レーザー式の光を当てて脱毛をおこなうのですが、
レーザーの施術を行ってから3日から1週間程度で埋没毛が抜け始めます。

 

ここで問題なのが抜けが毛が皮膚から取れるのかどうかです。

 

基本的に体毛は皮膚の中にもあるものなので処置後に残った毛をそのまま放置しておいても大丈夫です。早くきれいにしたいのであれば埋没毛専用のクリームがあるので塗るだけで埋没毛がきれいになります。

 

 

埋没毛のレーザー脱毛にかかる費用は数万円程度です。

 

店舗で埋没毛の処理をする場合、医療クリニックを受診しましょう。
理由は脱毛ができる店舗にも2種類あって一つは脱毛サロン、そしてもう1つが医療クリニックです。
脱毛サロンの場合はフラッシュを使った光脱毛です。そして医療クリニックで行うのがレーザー脱毛です。

 

 

この2つの大きな違いは永久脱毛ができるかどうか?ということと
脱毛後のケアの違いです。医療クリニックでレーザー脱毛をした場合、
永久脱毛ができます、しかし脱毛サロンだと永久脱毛ができません。
そしてケアの場合も脱毛をした後に毛膿炎(もうのうえん)になる人がいるのですが、
脱毛サロンでは毛膿炎の薬がもらえません。一方医療クリニックでは薬を処方ができるのです。

 

それではどうしてこんなにサービスに違いがあるのかというと
医療クリニックは医師の資格が必要なのです。脱毛を医療の観点から行うのが医療クリニック。そしてエステの観点から脱毛を行うのが脱毛サロンなのです。

 

 

 

 

 

髭の脱毛の病院トップ・ページへ