髭のバリカンの価格とおすすめNO1決定戦

髭のバリカンの価格とおすすめNO1決定戦

髭を手入れは毎日しなくてはいけないのでとても面倒です。バリカンがあれば簡単にきれいな髭の手入れができます。そこで髭のバリカンの価格とおすすめについてご紹介していきたいと思います。
まず最初に髭のバリカンのそれぞれの特徴を理解して自分にあった物を選ぶようにしましょう。

 

 

髭のバリカンその1フィリップス 電気シェーバー ヒゲトリマー QT4013/15

 

まず一番目にご紹介するのがフィリップスの電気シェーバーの髭トリマーという商品です。
フィリップスは他のメーカーに比べて肌の触りを重視しています。髭を剃っている時に長い毛があるとひっかかって痛いということがあります。しかしフィリップスの髭トリマーは3つの回転式の刃を使っているので肌にしっかりフィットするのでこのようなことはありません。つまり髭の濃い人も伸びるスピードが速い人もいつでもスムーズな手入れができるという訳です。

 

 

髭のバリカンその2フィリップスヒゲトリマーQT4022N

 

立て続けにフィリップス商品が並びますが、髭を伸ばしていてその手入れをする時に使われる人気の商品です。ヒゲトリマーのQT4022Nの特徴はなんといってもコームがついていることです。髭の長さをきれいに形を整えることができます。持ち運びもしやすいし、バリカンの場合専用のオイルを刃の部分に指して手入れをする必要があるのですが、
ヒゲトリマーQT4022Nの場合自動研磨システムの機能がついているのでメンテナンス用のオイルも不要です。

 

髭のバリカンその3パナソニック ヒゲトリマー ER2405P-K

 

このバリカンの特徴はなんといっても髭の長さを調節する機能がついています。長さ調節のボタン一つで3・6・9・12ミリと長さを選べます。また幅が小さいので細かい髭の手入れも簡単に行えます。髭剃りの後は水洗いもできますし、充電式タイプなので予め充電をしておくと連続50分も使うことができます。髭剃りにかける時間にもよりますが、1回にかける時間を10分とした場合、1回の充電で5回分の髭剃りの充電が行えます。

 

メインの長い髭は髭剃りのバリカンでおこなうことができますが、肌の間にちょこっと生えている毛はやはり永久脱毛をしておいた方がいいです。1本だけ長い毛が頬あたりに残ってしまうと見た目もあまりよくありませんし、印象もマイナスになってしまいます。

 

 

 

髭の脱毛の病院トップ・ページへ